プロフィール

koo

Author:koo

名前 : koo

住まい : 鹿児島市

趣味 : 写真・ホームページ作成

好きなスポーツ : 大相撲

カメラ : NikonD7000

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

18

錦江湾サマーナイト大花火大会

錦江湾サマーナイト大花火大会
070818錦江湾サマーナイト大花火大会

今年もベスポジから見る(撮る)ことができた。
桜島フェリー乗り場の向かい側に位置する伯父のマンションのベランダから親戚一同で観賞するのだ。大きな花火になると、開いた花火の中心から星が自分達のところまで迫ってくるような3D体験ができる。
会場で見るより迫力あるかもしれない。(それって贔屓目?)


8月12日垂水納涼花火大会の失敗(三脚が思うように使えなかった)を教訓に明るいうちに三脚をスタンバイ。手ブレのないようレリーズ(リモコン)を用意。花火が上った時のシュミレーションをして気合十分だ。



今年はマニュアル撮影(バルブ撮影)をしようと事前にインターネットで花火撮影についてニワカ勉強した。
ピントはマニュアル。無遠限∞で固定。バルブモードにしてシャッターを十数秒開けっ放しにする。絞りは花火の明るさによって適宜変える。
シャッターを開けたまま、花火の状況を見ながらレンズを覆ったり覆いを外したり・・・多重露出で撮影することにより画面全体に複数の花火を写し込むのが定石らしい。


070818錦江湾サマーナイト大花火大会

ところがシャッターを切った後止めるタイミング(露光時間)がよく分からない。
欲張ってたくさんの花火を写そうとするあまり、長い間(例えば20秒くらい)シャッターを開けたままにすると光が重なりすぎて花火が白く飛ぶ。(絵の具などの顔料は複数の色を混ぜれば混ぜるほど黒に近くなるが、光は重ねれば重ねるほど白くなる性質があるので)


というわけですぐ上の写真で花火の中にある白髪のような白線は、光が重なりすぎて白く飛んでしまった状態。
白トビは写真として致命的(-_-;)あ゛~残念。



今年は(今年も!)イマイチな写真ばかり。欲を言うともっと綺麗に撮りたかった。初めてのバルブ撮影だから出来上がりはまぁこんなものか思うしかないのかしら...。
写真だけだと物足りない感じがするので文字を入れてごまかした。


070818錦江湾サマーナイト大花火大会

源氏物語 夕顔より引用。
黄昏にますます見つる花の夕顔
(読んだことは一度も無いんですけどね(^^ゞ)


070818錦江湾サマーナイト大花火大会

寄り過ぎた!
花火の描線は出たが、望遠にし過ぎたためフレームからはみ出した。


花火は花が開いてからシャッターを切ったのでは遅い。
ヒューと上がった音がしている間に、どの位置にどの位の大きさでどういう種類の花火が上がるのか想像しながらヤマをはってシャッターを切る。
ベテランになると打ち上げ時の音で花火の号数を判断し、花火の大きさや高さ、開くタイミングを予測するそうで・・・
そんな技量の無い私はひたすらヤマ勘に頼るばかり。
経験を積んで綺麗な花火を撮りたいものですね。


来年もベスポジから撮れますように。
伯父さん、来年のご招待今から心待ちにしています!
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。