プロフィール

koo

Author:koo

名前 : koo

住まい : 鹿児島市

趣味 : 写真・ホームページ作成

好きなスポーツ : 大相撲

カメラ : NikonD7000

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1381' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
19

夏の便り

都市農業センター ヒマワリ快晴につられヒマワリを撮りに行くことに。ぶらりと都市農業センターを訪れた。今年のヒマワリは台風の影響を受けたせいなのか葉は茶色、2mの高さに成長するはずの品種は1mちょっと止まり。ヒマワリ畑の一部は早くも刈り取られて何も無い状態で、青空に元気いっぱいに咲くというイメージとはかけ離れていた。その中で綺麗な花を見つけ出してアップで撮ったり、苦肉の策としてヒマワリを後ろから撮っ... <strong>都市農業センター ヒマワリ</strong><br /><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/05.jpg" alt="070729都市農業センターヒマワリ" border="0" /><br />快晴につられヒマワリを撮りに行くことに。<br />ぶらりと都市農業センターを訪れた。<br /><br /><br />今年のヒマワリは台風の影響を受けたせいなのか葉は茶色、2mの高さに成長するはずの品種は1mちょっと止まり。<br />ヒマワリ畑の一部は早くも刈り取られて何も無い状態で、青空に元気いっぱいに咲くというイメージとはかけ離れていた。<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0028_20070902192032.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0028_20070902192032.jpg" alt="070729都市農業センターヒマワリ" border="0" /></a><br clear="all" /><br />その中で綺麗な花を見つけ出してアップで撮ったり、苦肉の策としてヒマワリを後ろから撮ってみたり試行錯誤。<br /><br /><br />いつものように写真に文字を入れて遊んでみました。<br />上の写真は縦書き・明朝体、下は横書き・・・統一感無いなぁ。
16

フォトジェニック

曽我どんの傘焼きOLYMPUS CAMEDIA C-740 (2005年7月)21日夜甲突川河川敷で行われた曽我どんの傘焼きは鹿児島の三大行事(曽我どんの傘焼き、妙円寺詣り(みょうえんじまいり)、赤穂義臣伝輪読会)のひとつだ。今年こそ行こう!と張り切っていたものの、23日(月)のとある準備のため週末はちょびっと缶詰。(先週3連休遊んで過ごしたツケが・・・)「曽我どんの傘焼きに行きたい!」と言い出しておきながら行けずにごめんなさい。まゆみんさ... <strong>曽我どんの傘焼き</strong><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/20070722194836.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/20070722194836s.jpg" alt="070721曽我どんの傘焼き" border="0"></a><br clear="all"><br />OLYMPUS CAMEDIA C-740 (2005年7月)<br /><br /><br />21日夜甲突川河川敷で行われた曽我どんの傘焼きは鹿児島の三大行事(曽我どんの傘焼き、<ruby><rb>妙円寺詣り</rb><rp>(</rp><rt>みょうえんじまいり</rt><rp>)</rp></ruby>、赤穂義臣伝輪読会)のひとつだ。<br />今年こそ行こう!と張り切っていたものの、23日(月)のとある準備のため週末はちょびっと缶詰。(先週3連休遊んで過ごしたツケが・・・)<br />「曽我どんの傘焼きに行きたい!」と言い出しておきながら行けずにごめんなさい。まゆみんさん。(私信)<br /><br /><br />上の写真は2年前に撮ったもの。
17

1ヶ月早いご招待

かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会気の早い伯父から電話が入った。「サマーナイト花火大会を見に家へ来い。」と。打ち上げ会場のすぐ近くのマンションに母方の親戚が住んでいる。14階、東向きの間取りで錦江湾と桜島が一望できる。『特等席』から花火見物できる・・・いやいや花火を撮影できるのだ。ふっふっふ、ふっふっふ♪(*^^)v当日は伯母の手料理をいただき、私以外の親戚はビールを飲みながら花火を楽しむ。私はファインダー... <strong>かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会</strong><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/hanabi.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/hanabi.jpg" alt="070718サマーナイト花火大会" border="0"></a><br clear="all"><br />気の早い伯父から電話が入った。<br />「サマーナイト花火大会を見に家へ来い。」と。<br /><br /><br />打ち上げ会場のすぐ近くのマンションに母方の親戚が住んでいる。<br />14階、東向きの間取りで錦江湾と桜島が一望できる。<br />『特等席』から花火見物できる・・・いやいや花火を撮影できるのだ。<br />ふっふっふ、ふっふっふ♪(*^^)v<br />当日は伯母の手料理をいただき、私以外の親戚はビールを飲みながら花火を楽しむ。<br />私はファインダーからほとんど顔を上げずに約1時間シャッターを切り続ける(^^ゞ<br />それにしても1ヶ月も早くご招待がきたことに笑ってしまう(*^^)v<br />もてなす側も気合が入っている。<br /><br /><br />2007年サマーナイト大花火大会の日程は8月18日土曜日、打ち上げ時間17時30分から20時40分まで。<br />1万2,000発の花火と2尺玉3連発、1尺玉30連発が目玉。<br /><br /><br />写真はおととし2005年に伯父の家から撮ったもの。<br />今年も綺麗な花火が撮れますように。(運任せなので祈るしかない(^^ゞ)
15

蒲生の湯

蒲生の湯3連休の最終日、3日間にサボっていたもろもろを終わらせようとしていたところ「温泉へ」というお誘いが入った。たまった宿題をほったらかしていざ蒲生町へ。鹿児島市から1時間弱車を走らせた。着くなり温泉からということでいきなり温泉に入ることにした。こだわりの岩風呂で思わず「すごーい!」と歓声を上げた。雰囲気がとっても素敵だったのでお風呂に入る前に写真に撮ることにした。岩場が黒く窓からの日差しが強い。... <strong>蒲生の湯</strong><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0053.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0053.jpg" alt="070716蒲生の湯" border="0"></a><br clear="all"><br /><br />3連休の最終日、3日間にサボっていたもろもろを終わらせようとしていたところ「温泉へ」というお誘いが入った。<br />たまった宿題をほったらかしていざ蒲生町へ。<br /><br /><br />鹿児島市から1時間弱車を走らせた。<br />着くなり温泉からということでいきなり温泉に入ることにした。<br /><br /><br />こだわりの岩風呂で思わず「すごーい!」と歓声を上げた。<br />雰囲気がとっても素敵だったのでお風呂に入る前に写真に撮ることにした。<br />岩場が黒く窓からの日差しが強い。<br />被写体と背景のコントラストが強いため測光方式を中央重点測光にしたりスポット測光にしたり・・・カメラの設定を変えながら撮っているうちに湯けむりが消えてしまった(-_-;)残念。<br /><br /><br />熱めの湯にじっくりつかってリラックス。<br />極楽♪極楽♪<br />心なしかお肌がつるつるになったような気がする。<br />とにかく最高の湯でございました。<br /><br /><br />お風呂の後はお食事をいただき、おいしい珈琲と100g 3,000円もするという烏龍茶もいただいた。<br />おいしかったo(^-^)o<br />帰りはとれたてカボチャとジャガイモのお土産つき。<br />いたれりつくせりの日帰り温泉旅行。<br />大変お世話になりましたm(__)m<br /><br /><br />本当に気持ちの良い湯でした。<br />またぜひ行きます♪蒲生の湯に。
13

磯の朝顔展

仙巌園(せんがんえん) 磯の朝顔展台風一過。本当に久しぶりに青空が戻ってきた。空には積乱雲の子供みたいな小さな入道雲が見える。もうすぐ梅雨の終わり。夏まであと少し。3連休の中日。家でのんびりしていようかと思いきや青空に負けた。出かけついでに用事を済ませてから仙巌園向かうも到着は正午過ぎ。朝顔だけに12時過ぎじゃ遅いのでは・・・予想通りほとんどの朝顔は暑い日差しをうけてしぼんでいた。あ~我ながらアホだ(-_-;)... <strong><ruby><rb>仙巌園</rb><rp>(</rp><rt>せんがんえん</rt><rp>)</rp></ruby> 磯の朝顔展</strong><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/20070715225345.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/20070715225345.jpg" alt="070715仙巌園朝顔展" border="0"></a><br clear="all"><br /><br />台風一過。本当に久しぶりに青空が戻ってきた。<br />空には積乱雲の子供みたいな小さな入道雲が見える。<br />もうすぐ梅雨の終わり。夏まであと少し。<br /><br /><br />3連休の中日。家でのんびりしていようかと思いきや青空に負けた。<br />出かけついでに用事を済ませてから仙巌園向かうも到着は正午過ぎ。<br />朝顔だけに12時過ぎじゃ遅いのでは・・・<br />予想通りほとんどの朝顔は暑い日差しをうけてしぼんでいた。<br />あ~我ながらアホだ(-_-;)<br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0017.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0017.jpg" alt="070715仙巌園朝顔展" border="0"></a><br clear="all"><br /><br />そのうちわずかながらに咲いていたのが曜日朝顔という系統の朝顔。<br />花は小ぶり。優しく涼しげなピンクやブルー、青紫色の花びらに白いすじが入っている。葉に斑が入っている種もあった。<br /><br /><br />珍しいところで、一番上の写真(コラージュ)の左上の赤い花も朝顔。<br />そのすぐ下が葉っぱ。(品種名を確認し忘れました!)<br /><br /><br />変化朝顔の栽培は仙巌園を別邸としていた薩摩藩首島津斉彬公の趣味だったとのこと。<br />インターネットで調べてみても、数限りなく品種があるらしい。<br />バラや椿などと違って地味に愛される園芸種なのかもしれない。<br />かくいう私も様々な表情を見せる朝顔を愛でるうちにはまってしまいそう。<br /><br /><br />たくさんの変化朝顔を見るべく、要リベンジ!
14

あとは腕次第!

仙巌園よりお目当ての朝顔が見事しぼんでいたので風景を撮影することに。撮影ポイントの日本庭園と桜島の風景。台風でツアーの予定が狂ったのか、お昼時だったためか理由は分からないがいつもは観光客で賑わう仙巌園がとても静かだ。お客さんがいないので撮り放題だ♪このチャンスにお庭を撮っておこうとガシガシとシャッターを切っていたところ、団体様記念撮影用のポイントで待機しているカメラマンのおじさまが話しかけてくれた... <strong>仙巌園より</strong><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0002.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0002.jpg" alt="070815仙巌園" border="0"></a><br clear="all"><br /><br />お目当ての<a href="http://hanamegu.blog108.fc2.com/blog-entry-13.html"title="前回の日記にジャンプします">朝顔</a>が見事しぼんでいたので風景を撮影することに。<br />撮影ポイントの日本庭園と桜島の風景。<br />台風でツアーの予定が狂ったのか、お昼時だったためか理由は分からないがいつもは観光客で賑わう仙巌園がとても静かだ。<br />お客さんがいないので撮り放題だ♪<br /><br /><br />このチャンスにお庭を撮っておこうとガシガシとシャッターを切っていたところ、団体様記念撮影用のポイントで待機しているカメラマンのおじさまが話しかけてくれた。<br />「もっと右から撮った方がいいよ。」<br />で1,2歩右へ移動してカメラを構えたら、ファインダーから覗いた景色がさっきより断然良いことが分かった。<br />ほんのちょっとの違いなのに・・・<br /><br /><br />さらに「もっといい場所があるよ。」と撮影ポイントを教えてくれた。<br /><br /><br /><br /><a href="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0011.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-17.fc2.com/h/a/n/hanamegu/0011.jpg" alt="070815仙巌園" border="0"></a><br clear="all"><br /><br />さきほどの場所よりも庭がよく見え、その向こうに桜島がそびえていた。・・・しかし<br />ピントはどこに合わせるべきか、絞りはどのくらいで撮るべきか・・・<br />いつも花ばかり撮っているから風景写真はどのように撮ればいいんだか全然分からない。<br />快晴でかつ人が少なくベストアングル。<br />ビッグチャンスが目の前に揃っているというのに・・・あわわ(-_-;)無念。<br />風景撮影の基本を勉強せねば。
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。